薬の個人輸入って大丈夫?

薬の輸入は個人にも認められているもので、国内で流通していない医薬品であっても、所持や使用が禁じられる成分の薬でなければ取り寄せられます。
個人輸入代行は、文字通り個人輸入を代行するサービスのことで、英語ができなくてもネット通販感覚で注文が行えるようになっています。
日本人向けの日本語の個人輸入代行サイトは、日本円で注文したり代金を支払えますから、ネット通販に慣れている人なら違和感なく利用できるでしょう。

個人輸入を利用するときの注意とデメリット

ただ、代行サービスを利用しても薬の個人輸入は自己責任ですし、使用する本人が注文したり受け取る必要があることに注意です。
当然ながら取り寄せた薬の販売は法律で認められていませんし、余ったからと家族や友人に譲るのもNGです。
それが例え販売目的でなくお金のやり取りがないとしても、本人以外が薬を使用することはできないです。
また、薬の服用で思わぬ副作用が発生しても、健康被害に関する保証はありませんから、副作用を含めて完全に自己責任なのがデメリットとなります。

ニセモノや詐欺も多い

海外で流通する医薬品の中には、偽物が紛れ込んでいるケースも確認されているので、この偽物を掴んでしまう可能性があるのもデメリットです。
勿論、粗悪品なら受け取った時点で気がつけるかもしれませんが、精巧に作られている偽物だと見分けるのは困難です。
本物かどうか判断するには成分分析をする他ないですから、個人レベルで個人輸入した薬の真贋を調べるのは不可能に近いです。
その為、大手の個人輸入代行サイトは独自に成分分析会社に依頼して、分析結果を公表していたりします。
つまり薬の個人輸入には本物か偽物を見分けるのが難しい問題があるので、少しでも信頼性の高い輸入代行サービスを選び、利用するのが無難だといえるでしょう。
国内で購入できない医薬品が手に入ったり、処方箋がなくても注文できるメリットはありますが、相応のリスクやデメリットはるわけです。

法律的には?

一般の個人が医薬品を個人輸入できるのは、外国で受けた薬物治療を日本国内で継続するケースや、海外からの旅行者が常備薬として日本に携行する必要のある法律の配慮が根拠です。
日本人が日本国内で自己判断に基づき薬の個人輸入をするケースは、これらの合間を縫って海外から医薬品を取り寄せる形となります。
本来は地方厚生局に書類を提出して、薬事法に違反しない輸入と認めてもらう必要がありますが、一定の範囲内に限り特例で通関が認められています。

実はトラブルも多い

ただし、重大な健康被害を生じる可能性のある医薬品については、医師による処方が確認できないと、数量にかかわらず輸入が認められないことがあります。
個人輸入代行サービスを利用した輸入は、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品の広告、発送などが違法行為となっています。
しかし、個人輸入代行を請け負う業者は海外に拠点を置いているケースが殆どで、法律で取り締まろうにも限界があるといえます。
このような業者は、薬を使用した人に健康被害が生じても責任を取りませんから、実質的に個人の自己責任ということになります。
日本国内で流通や処方が行われている医薬品は、医療機関を受診して医師に処方してもらうのが、安全や法律面を考慮すると無難です。
ところが薬の価格を負担に感じていたり、個人輸入のデメリットを許容できるのであれば、個人輸入代行サービスの利用も選択肢に入るでしょう。

メリットは何?

日本で個人輸入代行を利用する人が少なくないのは、処方箋なしで医薬品が手に入るだけでなく、価格が安くてまとめ買いによる割引にも期待できるのが理由です。
この為、リスクがあるとしてもメリットの方が大きく感じられる場合は、個人輸入代行が現実的な選択肢となります。
いわゆる先発薬の価格も国内と海外ではかなり違いますが、後発薬のジェネリックとなると更に価格が下がります。
しかも、送料や手数料が発生しない個人輸入代行サービスも多いので、薬の代金のみで医薬品が手に入ります。

すぐには届かなかったり通関で止まるなどトラブルも

個人輸入のデメリットの1つといえば、注文から到着までに2週間程度の時間がかかることが挙げられます。
これは薬の手配や発送の準備、通関や国内配送といった手間があるのが原因です。
医薬品に限らず、輸入は国内通販にはない様々な手続きがありますから、時間がかかってしまうのは当然です。
2週間というのはあくまでも目安なので、早ければ10日ほどで届きますが、遅い場合は3週間や1ヶ月近くかかることもあります。

薬の個人輸入代行は、個人の依頼を受けて薬の発送手配を行い、無事に届くことを約束しているサービスです。
薬を誰がどう使うか、使用した結果どのような効果や副作用が現れたかは関知しないので、デメリットに納得したり割り切ってサービスを利用する必要があるでしょう。
到着した薬が不足していたり、破損があれば再発送してくれますが、不要になったからと返品したり、副作用を理由に返金を要求することはできないです。
名が知られている個人輸入代行サービスなら、注文した商品が届かないケースはまずないでしょうが、トラブル発生時に自分で問い合わせたり対応する必要があるのは確かです。